北海道で育ち、北海道で作る

私たち東邦木材がある北海道は、四方を海に囲まれ、今なお多くの天然林が残る森と、雄大で変化に富んだ山々がある自然豊かな北の大地です。 冬にはマイナス二桁の気温にもなり、雪も多く積る厳しい環境の中、森には多くの木々が環境に負けずしっかりと育っています。
東邦木材は、そんな丈夫に育った地元北海道の木を使い、接着剤を使わない1本の木から作る天然の無垢フローリングを作っています。北海道で育ち、北海道で作った100%北海道産の無垢フローリングは、安心できる天然素材です。
画像の説明

森を守り、森を育て

現在北海道の約7割が森と言われています。
森にはきれいな空気を作り出したり、気象の緩和などの環境の負荷を減らす役割があり、その役割を維持するために、しっかりとした森林環境の整備が必要です。 製材で用いる木は、こういった森林整備により生まれる間伐材などを使うことで、森を守り、育てながら、森のバランスを保っています。
画像の説明

一貫生産による安心と対応

東邦木材では、無垢フローリングを自社工場にて丸太から一貫生産しています。
これは自社工場で一貫生産することにより、商品の品質の安定や抵コストの実現、そして柔軟な対応を行うことが出来るためで、お客様の幅広いニーズにお応えする商品を届けするための大きな原動力ともなっています。
画像の説明

丸太から無垢フローリングができるまで

東邦木材で取り扱っている無垢フローリング材は、道内にある自社工場で、北海道で切り出された道産のナラやタモをはじめ、輸入したウォールナットなどの外国樹も丸太から一貫生産しています。フローリング工程はこちら>>
画像の説明